ダンガンロンパ #10 疾走する青春の絶望ジャンクフード(非)日常編 (アニメ)

                 
dangan1001.jpg dangan1002.jpg dangan1003.jpg
dangan1004.jpg dangan1005.jpg dangan1006.jpg
ついに解放された学園の最上階。そこで苗木たちが目にしたのは、人間の血と脂の匂いが充満した教室だった。ここが“人類史上最大最悪の絶望的事件”の現場なのか……。重苦しい空気が立ち込めるなか、またもや一同にモノクマから呼び出しがかかる。モノクマは大切な宝物が盗まれたと騒ぎ立てるが……。

苗木、十神、腐川、葉隠、朝日奈、霧切、コロシアイ共同生活の中で生き残った仲間の誰でもない身元不明の死体が見つかったことに困惑する苗木達。しかも、その死体を発見したことで学級裁判が開かれることとなる。

今回の事件では死体が誰であるのかということと誰が殺したのかということ、そして戦刃むくろとは何者なのかという点が重要になるのだが、原作と違ってヒントがかなり少ないのでアニメだけだと徐々に謎が解き明かされていく過程で襲い掛かってくる絶望と戦慄がぼやけてしまっているのが残念。

今回のポイント

・単独行動が多いことと何か隠していることがあることを十神から責められ、霧切は自分の部屋の鍵を十神に差し出すことになる。

・霧切は記憶に失われた部分が存在する。

・黒幕はおそらく一人で、モノクマを操っている最中はそれに気を取られており、他の場所への監視が疎かになる。

・苗木が夜中に不審者に襲われそうになる。

・苗木は引き出しにしまっていたサバイバルナイフがなくなっていることに気づく。ナイフは仲間から苗木に預けられていた。

・腐川とジェノサイダー翔は記憶を共有できない。

・コロシアイ共同生活は、監視カメラで撮影された映像がリアリティショーとしてテレビに流されていた。
                 

コメント

        

        
> > ダンガンロンパ #10 疾走する青春の絶望ジャンクフード(非)日常編 (アニメ)