境界の彼方 第1話 カーマイン (アニメ)

                 
kyokai0101.jpg kyokai0102.jpg kyokai0103.jpg kyokai0104.jpg
半妖の少年、神原秋人はある日の放課後、屋上から今にも飛び降りそうな少女、栗山未来と出会う。
彼女は異界士の中でも特異な呪われた血を持つ一族の最後の生き残りだった。
それ以来なぜか未来から攻撃され続ける。迷惑だと言いつつも、未来を邪険にできない秋人は、文芸部部長であり異界士でもある名瀬美月から忠告を受ける。
果たして未来の目的とは?

怪奇ファンタジーの世界観を取り入れた学園アクションもののような京都アニメーションの新作『境界の彼方』の第1話を見た。

京都アニメーションが得意とするキャラの可愛らしさを前面に押し出す構成というよりは、物語としての筋とアクションシーンを重視しているように映ったが、セリフの展開のさせ方と世界観の魅せ方が持って回ったような感じになっていてもどかしさがあり、半妖の主人公と異界士の未来との関係も含め、全体的に話がぼやけてしまっていたのが残念だった。

キャラがよく動き、高いレベルで演出されたバトルシーンについて、今後より深刻な戦いとなった時に更なる迫力を様々なアングルから演出してくれるのかもしれない、という期待を少し持てたのは良かった。
                 

コメント

        

        
> > 境界の彼方 第1話 カーマイン (アニメ)