勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 第7話 魔王の娘さんが一般家庭にお邪魔するようです。 (アニメ)

                 
yuusibu0701.jpg
者になれなかったラウルは、しぶしぶ就職した家電店「マジックショップ・レオン王都店」の特別サービス・魔力補充のため「すいのや」に出かけていたところ、同僚のロアから緊急の呼び出しがあり、フィノと一緒に現場に向かうのだが。

客に対して真摯に向き合い続けるラウルの哲学のある接客態度が最後には報われるという寓話的な内容になっている。
単に博愛精神を開陳しているだけに作品の描写を留めておらず、アマダの極端な効率主義・営利主義に人間性で対抗するラウル達の姿の一方で、上っ面の安さだけを見てアマダを利用する客に対しての手厳しい批判も加えており、それが皮肉として成立した上で(一応アマダの従業員も含めた)皆がハッピーになるという終わり方になっていたのが面白い。
                 

コメント

        

        
> > 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 第7話 魔王の娘さんが一般家庭にお邪魔するようです。 (アニメ)