蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第4話「横須賀急襲」 (アニメ)

                 
aokiaru0401.jpg aokiaru0402.jpg aokiaru0403.jpg aokiaru0404.jpg
横須賀を襲った砲弾は、霧の大戦艦級・キリシマとハルナからのものであった。陸地への被害を防ぐため、急遽出港したイ401は、横須賀港を覆う防護壁の内部での決戦を挑む。2隻の大戦艦級による大火力の砲撃をかいくぐり、その裏をかく作戦を繰り出す401に、キリシマとハルナはイ401の「変化」を感じ取る。全砲門を開いて攻撃を仕掛ける2隻に、群像は「裏の裏をかく」最期の一手を繰り出す!

・イ401は霧の艦隊のキリシマとハルナと戦う。

・兵器であることに縛られるキリシマとハルナに対し、群像と出会ったことで変化を遂げたイオナはチームワークと作戦で勝利を手にする。

・相手の裏をかく群像の戦術や兵器そのものの設定などディテールにこだわりがあるのかないのかを含めた様々なことがちょっとわかりにくい感じがしたのと、ここまで話のテーマがずっと同じでやや一本調子になっているのが気になった。
                 

コメント

        

        
> > 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第4話「横須賀急襲」 (アニメ)